「楽天店のスマホページを改善し、売上と客単価が昨対110%に増えました!」

馬場長金物株式会社

代表取締役 馬場 眞樹 様

ものづくりの街「燕三条」で、刃物や金物の専門店を130年以上営んでいる馬場長金物株式会社(本社新潟県)。創業以来、金物店などへの卸売りを手掛けてきた同社は、2007年にネット通販を開始し、今では自社ECサイトとモールで合計5店舗を運営しています。EC事業が着実に成長を続ける中で、主力店舗である楽天市場店のスマホページを改善するため、弊社が提供する定額制の制作代行サービス「SUGOUDE」をご契約くださいました。契約4カ月目には、楽天市場店のスマホ経由の売上高が昨対110%以上に増加し、店舗全体の月商も前年同月比105~110%に増えるなど成果を上げています。

「SUGOUDE」を契約した理由や実施した施策、契約後の成果について、馬場長金物株式会社の馬場眞樹様にお話を伺いました。

馬場長金物株式会社のサイトはこちら

<課題>楽天市場店のスマホ最適化が遅れていたため、スマホ経由の売上を伸ばすためのページ改善を実施したかった。

<対策>定額制の制作代行サービス「SUGOUDE(スタンダードプラン)」を2019年1月に契約。

<成果>契約4カ月目の2019年4月以降、スマホ経由の売上高が昨対110%以上に増加し、店舗全体の月商も前年同月比105~110%に増えた。客単価も契約前と比べて約1割上昇している。

「楽天市場店のスマホページを、より買いやすいページに変えたくて『SUGOUDE』を契約しました」

――まずは御社の事業の内容と、EC事業の概要を教えてください。

弊社は刃物や金物、DIY用品などの専門店です。1890年の創業以来、主に金物店や量販店などへの卸売りを手掛けてきました。

ネット通販を開始したのは2007年のこと。それまで卸売りのみを行なっていましたが、包丁やDIY用品などをインターネットで買う消費者が増えてきたことから、新しい販路として試しにYahoo!ショッピングに出店したのがきっかけです。

当時はECで刃物や金物が売れるのか懐疑的でした。ですから、EC事業はあくまで試験的な取り組みだったんです。しかし、実際にやってみると、ECで買ってくださるお客様は想像以上に多かった。EC事業に手応えを感じたため、ネットショップの数を段階的に増やし、現在は自社ECサイト、楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazon、 Wowma!の5店舗を運営しています。

――2019年1月に定額制の制作代行サービス「SUGOUDE(スタンダードプラン)」をご契約くださいました。契約した理由をお聞かせいただけますか?

楽天市場店のスマホページの改善が遅れていたため、より買いやすいスマホページに変えるために「SUGOUDE」を契約しました。

弊社は2013年から2018年末までの約5年間、いつも.さんの検索対策サービス「楽天検索エンジン最適化サービス」を契約していました。検索対策の結果、楽天市場店の集客は増えていましたから、次は店舗を訪れたユーザーが実際に購入する割合である「転換率」や「客単価」などを改善したいと思ったんです。

楽天市場全体の流通額のスマホ比率は年々拡大し、今では7割を超えていますよね。一方で、弊社の楽天市場店の売上高に占めるスマホ比率は、「SUGOUDE」を契約する以前は5割以下でした。スマホ最適化が遅れていることが、楽天市場店の売上拡大のボトルネックになっているのではないか。そういった懸念もありましたので、スマホページの改善に踏み切りました。

――制作を自社で行うのではなく、アウトソーシングを選んだのはなぜでしょうか。

社内では制作に手が回らなかったことに加え、スマホページのカスタマイズなど、自分たちでは出来ないページ改善も行いたかったのでアウトソーシングを選択しました。

楽天市場店のスマホページを改善するには、ヘッダーのレイアウトを変えたり、追従型バナーを実装したりするなど、コーディングを必要とするカスタマイズも欠かせません。そういった施策はプロにお任せした方が、仕事が効率的に進みますし、施策の効果も出やすいはず。そう思ったので、いつも.さんにお任せすることにしました。

「あたかも人間の健康診断のように、店舗の悪い部分を発見し、治療法を提案していただける『店舗診断サービス』は、すごく便利です」

――たくさんの制作会社がある中で、いつも.の「SUGOUDE(スタンダードプラン)」を選んでくださった決め手は、どのような点だったのでしょうか。

楽天市場の検索対策を5年間お任せして、しっかり成果が出ていましたし、いつも.さんとの信頼関係も出来ていましたから、制作もいつも.さんにお任せすることにしました。

また、「SUGOUDE」のサービスの1つとして、いつも.さんが弊社のECサイトの課題を調べた上で、必要な制作物を2つ提案してくださる「店舗診断サービス」を利用できることも契約した理由の1つです。

楽天市場店のスマホページを改善するために、具体的に何をすれば良いのか、自分だけで判断するのは難しい。でも、「店舗診断サービス」を活用すれば、プロ目線で必要な制作物を提案していただけて、スムーズにページ改善を進めることができます。

あたかも人間の健康診断のように、店舗の悪い部分を発見し、治療法を提案していただける「店舗診断サービス」は、すごく便利です。

――「SUGOUDE(スタンダードプラン)」ではこれまで、どのような制作を依頼していますか?

楽天市場店のスマホページにランキングを追加したり、カテゴリーの文字を大きくしたり、追従型のバナーを作ったりと、主に転換率や回遊率を上げるための施策を行なっています。

刃物や金物は、流行に左右されにくい商品です。そのため、ECサイトの外見をオシャレに変えるだけでは意味がありません。そういった意味でも、売れる仕組みを作るための本質的なページ改善を実施していただけるのは、ありがたいですね。

「スマホ経由の売上が前年同月比110%以上に伸び、店舗全体の売上も昨対5~10%増えました。また、楽天市場店全体の客単価は約1割上昇しています」

――「SUGOUDE(スタンダードプラン)」を契約したことで、どのような成果が表れましたか?

「SUGOUDE」を契約して4カ月目の2019年4月以降、楽天市場店の月商の増収率は前年同月比約105〜110%で推移しています。PC経由の売上は前年並みですが、スマホ経由の売上が前年同月比110%以上に伸びたことで、店舗全体の売上が増えました。スマホページを改善した成果だと思います。

また、楽天市場店全体の客単価は、「SUGOUDE」を契約する以前は2800~2900円だったのですが、今では約1割上昇して3200~3300円で推移しています。スマホページを改善したことで、商品の魅力がより伝わりやすくなり、客単価も上昇したのでしょう。

――「SUGOUDE」に対する率直な感想や、ご要望があればお聞かせください。

「売上アップ」という結果が付いてきていることに満足しています。「SUGOUDE」の制作にしても、楽天市場における検索対策にしても、しっかり成果を出してくださるので、さすがはプロだなと感心しています。これからも結果を出し続けていただけるとありがたいです。

――最後に、御社のEC事業の展望や、今後の抱負をお聞かせください。

今後5年程度で、会社のEC売上高を現在の2倍に増やすのが目標です。そのためには、主力店舗である楽天市場店をさらに改善していかなくてはいけません。

いつも.さんの「楽天検索エンジン最適化サービス」は2018年末で一旦お休みしましたが、楽天市場店をさらに改善するために、今夏から再開する予定です。「SUGOUDE」も活用しながら、集客力と転換率を強化していきたいです。

また、弊社はこれまで仕入れ商品を取り扱ってきましたが、2019年4月にオリジナルブランド「Nomadife(ノマディフ)」のナイフケースを発売しました。今後はオリジナルブランドの販売にも力を入れていきます。

馬場長金物株式会社様にご利用いただいているサービスについてはこちら⇓

<SUGOUDE(スゴ腕)>