「廃業もよぎった楽天店がV字回復!ページ改善やSEOなどの成果で、過去最高月商を更新できました」

有限会社アスコム 様

営業部 木戸 由美 様

照明機具のネットショップ「アスコムインテリア」を運営している有限会社アスコム(本社兵庫県)。

2007年に楽天市場へ出店し、数年間は売上を順調に伸ばしていましたが、2010年代に入ると競合ショップの増加で売上が伸び悩んでいたそうです。

「一時は廃業も頭をよぎった」というほど売上が低迷した状況から脱却するため、店舗運営を抜本的に見直す目的で「いつも.式 楽天鉄則コンサルティング」を2019年6月から契約してくださいました。

契約後はモール内SEOやページ改善など、さまざまな施策に取り組んだ結果、2021年3月の月商が前年同月比約170%に拡大して過去最高を更新するなど、業績のV字回復を遂げています

いつも.と契約してくださった経緯や、これまで取り組んできた施策について、有限会社アスコムの木戸由美様にお話をうかがいました。

有限会社アスコム 様のサイトはこちら

■アスコム様の事例

課題:楽天市場店の売上が長らく低迷し、有効な打開策を見出せずにいた。

対策:「いつも.式 楽天鉄則コンサルティング」を2019年6月から契約。

成果:SEOやページ改善などに取り組み、店舗運営を基礎から見直した結果、2021年3月の月商が前年同月比約170%に拡大し、過去最高月商を更新した。

「なんとか業績回復の糸口をつかみたい一心で、いろいろなセミナーに参加し、コンサルティング会社を探しました。そういった状況の中で、2019年の春に、いつも.さんに出会いました」

──アスコム様が手がけている事業について教えてください。

弊社は2005年にEC専業の会社として創業し、現在は照明器具専門のネットショップ「アスコムインテリア」を運営しています。取扱商品数は常時800~1000種類。一般家庭のお客様が多いですが、飲食店や小売店など、事業用に照明を購入するお客様もいらっしゃいます。オリジナル商品も取り扱っており、例えば、ガラスの色やパーツをオーダーメードで組み合わせるステンドグラスランプは、当店における人気商品の1つです。

現在運営しているネットショップは、楽天市場の1店舗と、Yahoo!ショッピングの2店舗で合計3店舗あります。過去には自社ECサイトを運営していたほか、Amazon、ヤフオク!、au Wowma!(現auPAYマーケット)などに出店したこともありますが、経営資源の分散を避けるため、楽天市場とYahoo!ショッピングに絞りました。なお、会社の売上高の大半を、楽天市場店が占めています。

──「いつも.式 楽天鉄則コンサルティング」をご契約いただいた理由を、お聞かせいただけますか?

楽天市場店の売上が、長らく伸び悩んでいたからです。

2007年に楽天市場へ出店してから数年間は、売上は面白いように伸びていきました。今と比べて競合も少なく、ビジネスを行いやすい環境だったんです。

しかし、2010年代に入ると楽天市場で競合ショップが増えたこともあり、楽天市場店の成長は踊り場を迎えました。2015年以降は売上高が徐々に下がり、経営も苦しくなっていきました。その後、何年間も打開策を見出せないまま売上は低迷。正直に言うと、一時はEC事業を辞めることを真剣に悩むほど追い込まれました。

── EC事業を辞めることまで考えていたのですね。

思い出したくない過去ですよ、本当に。店舗運営の方法を改善しなくてはいけないことは分かっていても、具体的にどこを直せば良いのか、どこから手をつければ良いか分からない。自分なりに試行錯誤したものの、打開策を見出せずにいました。

でも、10年以上続けてきた事業を、ここで諦めてしまうのは、あまりに悔しい。働いてくれている従業員の生活も守らなくてはいけない。そうした葛藤も、もちろんありました。

なんとか業績回復の糸口をつかみたい一心で、いろいろなセミナーに参加し、コンサルティング会社も探しました。そういった状況の中で、2019年の春に、いつも.さんに出会いました。

──たくさんのコンサルティング会社の中から、「いつも.式 楽天鉄則コンサルティング」を選んでくださった決め手は、どのような点だったのでしょうか。

直接のきっかけは、いつも.さんの無料セミナーに参加したことです。講師の方のお話を聞いていて、いつも.さんは楽天市場で売上を伸ばすノウハウをよくご存知だと感じました。いつも.さんからコンサルティングを受ければ、売上を伸ばす本質的な施策を学べて、やるべきことが明確になりそうだ、と感じたんです。

ただ、「いつも.式 楽天鉄則コンサルティング」の料金は、当時の弊社にとって決して安くはない金額でした。そのため、セミナーに参加した当時は契約しませんでした。

契約を迷っていた私は、セミナーの数日後に、あらためて講師の方にお会いしました。そのとき私は講師の方に、「うちのサイトの売上は、まだ伸びますか?」と率直に質問したんです。すると講師の方は、売上を伸ばせる根拠を示しながら「大丈夫だと思います」とおっしゃってくださいました。契約を取るためではなく、本気で売上を伸ばせると思って、励ましてくださっている。そう感じたので、いつも.さんに賭けてみようと決心しました

「10年近く破れなかった、楽天市場におけるギネス(過去最高月商)を更新できて、本当に嬉しいです」

──「いつも.式 楽天鉄則コンサルティング」を契約してからこれまで、どのような施策を教わり、実行してきましたか?

最初に取り組んだことは、お店のアクセス数を増やすためのモール内SEOです。集客の軸となる商品を決めて、SEOに効果的なキーワードを、商品ページに適切な形で入れていきました。

モール内SEOと並行して、商品ページのコンテンツの作り方や、ストーリー性を持たせたページ構成など、楽天市場で売れるお店のノウハウを教わりました。さらに、メルマガ登録を促進する施策や、レビュー投稿を増やす施策など、売上拡大に直結する施策も教えていただきました。

いつも.さんから教わった施策は、社内のみんなで手分けして、コツコツと実行してきました。すると契約して半年ほど経ったころから、成果が数字に表れ始めました。

──どのような成果が表れたのでしょうか。

まずはアクセス数が増え始め、その後、売上も徐々に伸びていきました。

例えば、楽天市場店の月商は、2020年3月が前年同月比116%、2021年3月は前年同月比168%に拡大しています。2021年3月は月商ギネス(過去最高月商)でした。10年近く破れなかった、楽天市場におけるギネスを更新できて、本当に嬉しいです

2020年春以降は新型コロナウイルスの影響で、家庭で過ごす時間を充実させたいと考える消費者が増え、インテリアへのニーズが高まりました。そのことも売上が伸びた一因でしょう。ただし、「アスコムインテリア」の売上高の成長率は、楽天市場におけるインテリアジャンルの平均成長率よりも高かったと、楽天市場の担当者さんからうかがいました。モールの平均成長率よりも高い成長率を実現できたことは、自信になりました

「いつも.さんのコンサルタントさんは、私にとって、お守りのような存在です」

────「いつも.式 楽天鉄則コンサルティング」の「スタンダードプラン」は6カ月間で終了し、2019年12月からは「相談窓口プラン」に移行されましたね?

契約開始から6カ月間で、楽天市場における基礎的な施策をある程度、教わることができました。それ以降は、教わったことを継続的に実行することが重要だと判断し、ひとまず「スタンダードプラン」(月1回の打ち合わせ、タスク管理、チャット・ZOOM・電話でのコミュニケーションを行うプラン)は終了しました。

ただ、楽天市場でお店を運営していると、悩んだり、課題に直面したりすることもあります。そういったときに相談できる相手が必要だと思ったので、チャットで相談できる「相談窓口プラン」(月1回のミーティングは行わず、主にチャットでコンサルタントに相談できるサービス)に移行しました。私はお店の運営について悩んだとき、コンサルタントさんに本音で相談します。コンサルタントさんは親身に対応してくださいますし、ときには第三者の視点で核心をついた意見もおっしゃってくださいます。相談相手がいる安心感は、何にも代えがたい。いつも.さんのコンサルタントさんは、私にとって、お守りのような存在です。

──「いつも.式 楽天鉄則コンサルティング」への率直な感想を、ぜひお聞かせください。

いつも.さんからコンサルティングを受けたことで、正しい施策を知り、古くなった知識をアップデートすることができました。楽天市場の広告メニューや、モール内検索のアルゴリズムは頻繁に変わります。数年前に正しかった施策が、今では通用しないことも少なくありません。私は、楽天市場における店舗運営の経験が長くなるにつれ、何が正しい施策なのか分からなくなっていました。「いつも.式 楽天鉄則コンサルティング」を契約し、私自身の成長にもつながったと思います。

──最後に、EC事業の今後の抱負をお聞かせください。

月商1000万円の壁を突破することが、次の目標です。簡単な目標ではないことはわかっていますが、いつも.さんから教わったことを生かし、さらなる成長を目指したいです。

楽天市場店の売上は、再び成長軌道に乗りました。Yahoo!ショッピングのお店も、まだまだ伸び代があると思っています。楽天市場で培ったノウハウを活用しながら、他のお店も強化していきたいです。

有限会社アスコム 様にご利用いただいているサービスについてはこちら⇓

<いつも.式 楽天鉄則コンサルティング>