「楽天店の月商は3年半で4倍!買い物しやすいお店になり、転換率やレビュー評価が向上しました」

マスフィット株式会社 様

代表取締役 池野 文宣 様

レディースアパレルのネットショップ「Lily of Valley(リリー オブ バリー)」を運営しているマスフィット株式会社(本社大阪府)。

楽天市場を中心にアパレルECを手がけている同社は2017年11月から、いつも.の制作代行サービス「SUGOUDE(スゴウデ)」を契約してくださっています。

ネットショップの制作業務全般をいつも.にお任せいただき、UI/UXの改善に取り組んだ結果、楽天市場店の2021年4月の月商が契約前の約4倍に拡大するなど大きな成果を上げています。

「SUGOUDE」を契約した経緯や、これまでに取り組んできたこと、そしてその成果について代表取締役の池野様にお話を伺いました。

マスフィット株式会社 様のサイトはこちら

■マスフィット様の事例

課題:創業当初は独学でECサイトのページを制作していたが、ファッションECサイトに求められるデザインや、HTML・CSS・JavaScriptのコーディングの方法がわからず、ページ改善が思うように進んでいなかった。

対策:2017年11月に定額制の制作代行サービス「SUGOUDE」を契約。2020年2月に契約アカウントを追加。

成果:楽天市場店の2021年4月の月商は、「SUGOUDE」を契約する以前と比べて約4倍に拡大した。

「ECの仕組みに詳しく、かつ、経験豊富なデザイナーさんに依頼できることへの安心感から「SUGOUDE」を選びました」

──まずはマスフィット様のEC事業について教えてください。

レディースアパレルのネットショップ「Lily of Valley」を運営しています。「Lily of Valley」は韓国など海外のトレンドアイテムを取り扱うセレクトショップです。主に30~40代の女性を対象としたブラウスやワンピース、スカート、ドレスなど約350品目を取り扱っています。

2016年4月に個人事業主として開業し、2020年9月に法人化しました。現在運営しているネットショップは楽天市場店、Amazon店、サステナモール店、公式ショップ(自社ECサイト)の4店舗です。会社の売上高の約9割は楽天市場店が占めています。

──2017年11月に「SUGOUDE」をご契約いただきました。契約までの経緯をお聞かせいただけますか?

当時は楽天市場とAmazonでネットショップを運営しており、独学でECサイトのページを制作していました。しかし、ファッションECサイトに求められるデザインや、HTML、CSS、JavaScriptなどのコーディングの方法がわからず、ページ改善が思うように進みませんでした。

また、ファッションECサイトの売上を伸ばすには、デザインがとても重要です。ブランドイメージに合った文字のフォントやバナーの色調など、細部まで考えてデザインしなくてはいけません。当初はバナーやサムネイルなどを自分で作っていましたが、プロのデザイナーには敵いませんし、制作に時間をとられることも課題でした。

こうした課題を解決するには、ページ制作をプロにお任せした方が良いと判断し「SUGOUDE」を契約しました。

──たくさんの制作会社の中から、いつも.の「SUGOUDE」を選んでくださった決め手は、どのような点だったのでしょうか。

「SUGOUDE」を選んだ理由の1つは、いつも.さんの実績です。いつも.さんは楽天市場における制作や運用代行を多数手がけていらっしゃいますよね。大手メーカーのネットショップの制作実績も豊富だとうかがいました。ECの仕組みに詳しく、かつ、経験豊富なデザイナーさんに依頼できることへの安心感から「SUGOUDE」を選びました

「ECのプロの視点で売れるページを制作していただけることが「SUGOUDE」のメリットだと思います」

──「SUGOUDE」ではこれまで、どのような制作を依頼してきましたか?

「Lily of Valley」のページ制作全般を依頼しています。具体的にはトップバナー、スライダー、サムネイル、ナビゲーション、特集バナーなどです。また、ページのレイアウトに関わるHTMLやCSSのコーディングも行っていただいています。

主に楽天市場店と自社ECサイトの制作を依頼していますが、作っていただいたバナーやサムネイルは他のショップにも転用しています。

──2020年2月に「SUGOUDE」の契約アカウントを追加してくださいました。

ECの売上が伸びていく中で、制作のスピードを上げるために契約アカウントを1つ追加し、合計2アカウントにしました。

2018年〜2019年における楽天市場店の年間売上高は、前年比150~200%でした。売上拡大に伴い、新商品のページ制作や転換率アップのためのコンテンツ作りなど、必要な制作業務も増えていましたから、「SUGOUDE」のアカウントを追加して制作のスピードを2倍にしました

──「SUGOUDE」をご利用いただき、どのようなメリットを感じていますか?

ECのプロの視点で売れるページを制作していただけることが「SUGOUDE」のメリットだと思います。

私がバナーの制作を依頼すると、「SUGOUDE」の担当者さんは商品の魅力を引き出すデザインを考案し、複数のパターンを作ってくださいます。しかも、依頼された制作物を事務的に作るのではなく、ECのセオリーを踏まえてクリックされやすいバナーを制作してくださるので、依頼するたびにどのようなデザインに仕上げてくださるか毎回楽しみです。

また、ナビゲーションや回遊バナーなどを制作する際は、ユーザー導線を踏まえた配置や、転換率の向上につながる文字のフォントなど「売上を伸ばすためのデザイン」を提案してくださいます。お店の魅力が伝わり、かつ、お客さまが買い物をしやすいデザインを制作してくださっていると感じます。

「ショップの転換率、アクセス数、客単価などの指標が着実に向上しており、業績は一過性ではない安心感のある成長軌道を描いています」

──「SUGOUDE」を契約したことで、売上高への影響はありましたか?

「SUGOUDE」を2017年11月に契約してからこれまで、売上は着実に伸びています。2021年4月の月商は「SUGOUDE」を契約する以前と比べて約4倍に拡大しました。

ショップの転換率、アクセス数、客単価などの指標はすべて着実に向上しており、一過性ではない安心感のある成長軌道を描いています

2020年は新型コロナウイルスの影響で一時的に海外から在庫が入ってこなかったため、楽天市場店の成長はやや鈍化して年間売上高は前年比104%でした。しかし、不測の事態に直面しても増収を達成できたのは、「SUGOUDE」でページ改善に取り組んできた成果だと思います。

──どのようなページ改善を行ったことが売上拡大につながったと思いますか?

例えば、楽天ランキングに掲載された商品は、ランクインしたことを商品ページで訴求していますし、高評価のレビューが多い商品は高評価アイテムであることを商品ページでしっかり伝えます。こうした施策の積み重ねが、転換率アップにつながっているのではないでしょうか。実際、2020年における楽天市場店の転換率は前年比で32%向上しました。

──楽天市場におけるレビュー施策もうまくいっているそうですね。

はい。レビューを書いてくださったお客様にクーポンを付与するキャンペーンを2020年3月に開始した結果、レビューの投稿数が約1.5倍に増えました。レビューキャンペーンの専用ページや誘導バナーも「SUGOUDE」で制作していますから、レビュー施策が成功したのも「SUGOUDE」のおかげだと思っています。

また、レビューの件数が増えただけでなく、評価の点数も以前より高まりました。「SUGOUDE」でデザインを改善し、おしゃれで便利なお店を作ってきたことが、レビュー数の増加と評価の向上につながっているのだと思います。

「気軽に相談できて、意思疎通もしやすい。信頼できる友達に仕事を頼んでいるような感覚です。「SUGOUDE」の担当者さんはパートナーであり、なくてはならない存在です」

──「SUGOUDE」の成果物のクオリティや、サービスに対する率直な感想をお聞かせください。

制作物のクオリティには、とても満足しています。依頼してから納品までの期間も短いですし、少ない手間で迅速にページを更新できるので助かっています。

また、「SUGOUDE」の契約期間が長くなるほど、担当者さんとの意思疎通はスムーズになっていると感じます。「この前と同じように制作をお願いします」と伝えれば理解していただけるなど、阿吽の呼吸で仕事が進むようになりました。

私は制作に関して悩んだとき、真っ先に「SUGOUDE」の担当者さんに相談します。担当者さんは適切なアドバイスもくださいますし、臨機応変に対応してくださるので本当にありがたいです。気軽に相談できて、意思疎通もしやすい。信頼できる友達に仕事を頼んでいるような感覚です。「SUGOUDE」の担当者さんはパートナーであり、なくてはならない存在です

──最後に、EC事業の今後の抱負を教えてください。

「Lily of Valley」の多店舗展開を計画しています。楽天市場を軸に据えながら、自社ECサイトやAmazonの売上を伸ばし、さらにYahoo!ショッピングやauPAYマーケットなど他のモールへの出店も視野に入れています。いつも.さんのおかげで、ネットショップのデザインの勝ちパターンが見えてきました。楽天市場で培ったノウハウを、他のECモールの運営にも生かしていきたいです。

また、「Lily of Valley」とはターゲット層が異なる新しいショップブランドを立ち上げることも計画しています。「Lily of Valley」よりも若い層をターゲットとしたショップを展開し、新しい客層を取り込みたいです。

ECモールへ出店する際や、新しいショップブランドを立ち上げるときは、いつも.さんに制作をお願いしようと思っています。これからも弊社の成長をサポートしていただけると嬉しいです。

マスフィット株式会社 様にご利用いただいているサービスについてはこちら⇓

<SUGOUDE(スゴ腕)>