2020年02月12日

人手不足でもスタッフをスキルアップする方法

人手不足でもスタッフをスキルアップする方法は?

年末に向けて採用に力を入れている企業も多いのではないでしょうか?EC業界でも人手不足に悩んでいる店舗様は多いですが、初めて担当をさせていただくお客様に事前ヒアリングをさせていただくと、必ずと言っていいほど、

  • 忙しい
  • なかなか作業が進まない
  • 業務内容の必要性が分からない

といったお悩みをいただきます。加えて人員や費用は限られているため、人手不足の中で売上の向上を目指していく必要があります。

そこで今回は、作業効率を上げるための【人手不足でもスタッフをスキルアップする方法】についてお話していきたいと思います。

スタッフ教育の重要性

スタッフの中に、

「この作業は何のためにやっているのだろう。」
「これをやることで、自分と会社にどんなメリットが残るのだろう。」
「なんでこんなに忙しいのだろう。」

という思いで運営されている方はとても多いです。しかし、

  • 優先順位つけて正解を実施する
  • 自分がやっている事の成果を知る
  • 競合の真似ではなく、本質を理解する

という事をスタッフが理解しているか否かで作業効率は驚くほど変わってきます。

人員育成の基本は施策をマニュアル化すること

人手不足の中でもスタッフをスキルアップする方法は『自走モデルを確立すること』です。具体的には、『未経験者でも実施できるように施策をマニュアル化』とも言えます。

施策をマニュアル化することで課題解決の生きたノウハウが活用され続け、スタッフの教育の時間を減らしながら人員のスキルアップを望めます。

しかし、実験的に施策を進めるのではなく売上に直結するものだけを実施するべきで、「そもそもどうしてその施策をやるのか」という要因と効果を含めて理解をしておくべきです。

何より、施策に関係する数字の意味を理解し、施策の効果をチーム全体で共有し合うことでモチベーションも上がります。

・売れている店舗をなんとなく真似るのではなく、根拠をもって施策に取り組む
・その効果を実感できるように数字を知る

この意識づけが、店舗の売上アップへと繋がります。

店舗の理想とスタッフの本音を共有し合う

「店舗の理想とスタッフの本音」についてチーム全体で共有しあい、店長の「売上を上げたい」という気持ちとスタッフの「効率よく作業をしたい」という向上心を改めて見つめ直していただけたらと思います。

スタッフのひとりひとりが勝ちパターンを理解し、腹落ちさせ、実践する事ができなければ、どんどん競合店舗に置いていかれてしまいます。

「考えて・動ける」環境を整えるには「何が正解かであって、最短コースであるかを理解する」必要があります。

いつも.では人材育成のプロによる教育講座をご用意しています

上記のように解説してまいりましたが、

・今指示をしている施策や業務は本当に優先度が高いものなのだろうか
・スタッフは何が正解か分からずに、ただただ時間をかけて業務をしていないか

と不安に感じた経営者様・店舗運営責任者様に向けて、今回は人材育成の観点から、効率的な店舗運営に関して、お伝えする育成講座をご用意しましたのでご案内させていただきます。

精神論や考え方ではなく、売上アップのために具体的にどのようにして時間を作り、”何をするべきなのか”をお伝えするEC事業の経営者・事業責任者様向けの講座です。

▼是非、人材育成や社内共有にお役立てくださいませ。
https://itsumo365.co.jp/service/education/ecmarketer.html