2020年02月20日

EC担当者の役割とは?

EC担当者は売上目標計画を立て、目標達成に導く

今回は、EC担当者の業務について基本からお話したいと思います。

そもそも、EC担当者の仕事とはなんでしょうか?

EC担当者の仕事は、

ショップの売上目標計画を立て、「日々の売上」「アクセス」「購入率」「単価」を把握し、目標達成に導くことです。

目標とする売上に対して、使える年間の販促予算は限られているため、日々のアクセスや購入率を注意深く比較して、計画的に売上目標に近づける必要があります。

売上が良いとき、悪いとき、両方の原因を検証する

このときに注意していただきたいのが、「売上が落ちてきたら販促を行う」のではなく、良いとき悪いとき、両方の原因を検証してください。

売上が落ちたからといって原因もわからないままに販促費を増やすのは、抜本的な解決にはなりませんし、お金を費やしても効果が出ないこともあります。

そのため、売上が良いときと悪いときの原因をそれぞれ検証し、対策を行っていく必要があるのです。

毎日「アクセス数」と「購入率」を記録し、販促活動を振り返る

そこで注目していただきたいのが「アクセス数」と「購入率」です。

毎日数字を記録して、その日どのような販促活動を行ったのかを合わせてメモしておきましょう。

「この販促は効果はあったが持続期間が短かった」
「アクセスは増大したが、購入率は落ちてしまった」

といった販促は、今後行う際は注意が必要だとわかります。

また、日々の集計を行う際にもポイントがあります。

例えば、月間売上を300万円と設定した場合1日の目標を10万円としてはいませんか?

一般的にECは、土日に売上が伸び、平日でも水曜日あたりに売上が伸びることが多いのです。

この売上の波を意識せずに売上目標の達成・未達成を追うと、1週間のうち半分以上は未達成の状態になり、正確な検証ができなくなってしまいます。

そのため、これまでの1週間の売上傾向から土日と平日の売上比率を計算に入れて、日々の目標を設定することが大切です。

EC運営を見直したい、売り上げを伸ばしたい

EC運営における必要な視点から、あなたの店舗に必要なことを知りたい方は、ぜひ私たちのサービス「ECマーケッター」をご覧ください。

私たちは、Eコマース支援専業として数多くの支援実績を持ち、売上アップの方法やノウハウを蓄積してきました。

会員制通信講座「ECマーケッター」にご登録いただくと、楽天やAmazonで売上を伸ばすノウハウについて弊社コンサルタントが解説する動画を、好きなだけご覧いただけます。

また、EC業界の最新情報を掲載した月刊誌を毎月お届けするほか、弊社が主催する勉強会にも無料でご参加いただけます。

あなたの店舗の売上を伸ばすために、ぜひこの「ECマーケッター」をご活用ください。

この「EC攻略のノウハウ」に、少しでも多くの方にふれていただきたい思いからただいま、EC攻略のために必要なノウハウを、1カ月間無料でお試しいただけます。

また、既にいつも.のサービスをご契約いただいているお客様は、初回に限り6カ月間無料でお試しいただけます。(閲覧を開始した月より6カ月間無料でご視聴いただけます)

※お試し期間終了後は、有料になります。予めご了承ください。

『ECマーケッター』にご興味のある方はこちら↓
http://itsumo365.co.jp/ecmarketer/