Amazonで競合と差別化を図る方法

Amazonで競合と差別化を図る方法

こんにちは。
株式会社いつも. 集客コンサルタントの高橋です。

今回はアマゾンで【競合に勝つ方法】についてお話しいたします。
アマゾンで販売している店舗様で、こんなお悩みはありませんか?

「アマゾンで販売しても価格競争が激しくてついていけない」
「競合と差別化したいけど、何をしたらいいのか分からない」

今回お話しする「競合に勝つ方法」は、アマゾンで競合と差別化を図りたいあなたに是非読んでいただきたい内容です。

アマゾンで競合に勝ちたいと思っても、売上アップのご相談に来られる店舗様の約9割は、アマゾンに出店しているだけというのが現状です。
では、アマゾンで競合に勝つにはどうすれば良いのでしょうか。ポイントのひとつは、「商品ページ」です。

では、具体的に商品ページでどのような対策をすれば良いのでしょうか。あなたの店舗でも、すぐに取り掛かることができる対策方法を少しだけご紹介します。

アマゾンの商品ページには、いくつかの項目があります。

・商品名
・商品の箇条書き
・商品説明文
・商品画像

上記のような項目において、あなたの店舗では登録できる情報をすべて登録されていますでしょうか?アマゾンで出店したまま何も対策ができず、商品登録も最低限の情報しか登録されていない商品ページは多くあります。

少しでも多くの商品情報が記載されていることで転換率のアップに繋がりますが、商品ページにしっかり商品情報を登録するということは、当たり前のようでできていない店舗様が多いのが現状です。

実際に売上を伸ばしている店舗様の商品ページを見ると、商品情報をしっかり登録している場合が多いので、最低限の対策を行わないと、そもそも競合と同じラインに立つことができないということが言えます。

つまり、最低限の対策を行い、競合と同じラインに立った上で、プラスアルファの施策を行うことで、競合に勝てるチャンスが出てきます。

まずは、あなたの店舗の商品ページでも、必要な情報が十分に登録されているかを考えてみてはいかがでしょうか。

 

なお、Amazonで売上UPするために最低限やるべきAmazonスポンサープロダクト広告について10のチェックリストでまとめました。
広告はただ出稿しているだけでは成果を出すことができません。押さえるべきポイントをチェックして、効果のある広告運用をしていきましょう。

Amazonで売上UPを目指す方は、レポート(PDF)をダウンロードしてみてください。

<Amazon>売上UPするために最低限やるべき「スポンサープロダクト広告」10のチェックリスト

【レポートダウンロードはこちら ▼】

 

アマゾンカテゴリの最新記事