公開日:2018年5月2日

楽天市場RPP広告メリットを知らないと損?

こんにちは。
株式会社いつも. 集客コンサルタントの高橋です。

3月から、CPC広告と並行してRPP広告の配信が開始となりましたが、約1ヵ月が経った現在、RPP広告の配信率が徐々に拡大しております。
そこで今回は改めて「RPP広告のメリット」についてお話します。

RPP広告のメリットとは

RPP広告のメリットはまとめると以下の3点です。

・広告枠がスマートフォン、アプリはCPC広告より1.7倍に増加
・全商品広告配信可能
・最低入札単価も25円から可能

まず、広告枠が1.7倍に増えたことで検索経由でのユーザーに対してのリーチ度が高くなりました。つまり、RPP広告の性質上、検索最適化に効果的であることを考えると、これまで検索最適化をしっかり行って来た店舗様は、より多くの商品を表示させられる可能性が高くなったということになります。

2点目に、全商品広告配信できるようになったことから今までリーチできていなかったユーザーに向けてアプローチすることが可能となっています。

さらに、1クリック25円からと低単価で広告配信できることや、除外商品が50,000商品まで登録可能になったことで無駄な広告費の消費を防ぐこともできるため、比較的安く、広告費を抑えた効率的な運用ができるようになっております。

RPP広告をうまく活用するためには

上記で上げたRPP広告のメリットをうまく活かし、売上アップを狙うためには以下の2点が重要となります。

・商品ページ内の検索最適化をおこなっていること
・商品の実績があること

かといって商品の実績を積むことは容易なことではありません。
まだ検索最適化に取り組んでない方は早いうちから着手し、RPP広告の効果もアップさせましょう。

※本記事に掲載されている、事例の内容、売上に関する情報、サービスの価格・機能・仕様などの情報は、変更・更新になっている場合がございます。

なお、楽天市場で売上UPするために最低限やるべきこと25のチェックリストでまとめました。売上を上げるために、アクセス増加、転換率の向上は重要になります。
商品登録、露出、イベント、リピート、商品ページ情報、付加価値など必要な施策をしっかり押さえておきましょう。

楽天市場で売上UPを目指す方は、レポート(PDF)をダウンロードしてみてください。

<楽天市場>売上UPするために最低限やるべき25のチェックリスト

【レポートダウンロードはこちら ▼】