楽天でエンドユーザーから見るキーワード対策

楽天でエンドユーザーから見るキーワード対策

徐々に気温も低くなり、衣替えなど冬に向けた準備を始める時期ですね。

ネットショップ内でも暖房商品の競争が始まりつつあります。季節的需要が高まる前の今だからこそ、事前のキーワード対策がカギとなってきます。

用途・場所などから有効なキーワードを考える

例えば、暖房商品に「湯たんぽ」があります。

あなたがこの商品を「仕事中に使いたい湯たんぽ」を探すとき、どのようなキーワードで検索するでしょうか。

「湯たんぽ 充電式」
「携帯 湯たんぽ」

などと検索するかもしれません。

探している商品像は、布団の中に入れる大きめの湯たんぽではなく、USB充電ができる・持ち運びしやすい湯たんぽがマッチしているでしょう。

つまり、その商品の用途や使う場所を考えることで、よりエンドユーザー視点に立った有効なキーワード対策を行えるのです。

上記の考え方を持つだけで、様々なキーワードで検索をするエンドユーザーを、取りこぼしなく商品ページに誘導できる可能性が高まります。

こういった事前のキーワード対策を行うことで、季節的需要が高まった時に1ページ目へ自社商品を表示させたいところです。

キーワード対策とRPP広告の併用

キーワード対策だけでは、自然検索での上位化が難しく、時間がかかってしまう場合が多いです。

そこで活用したい施策が、RPP広告の運用です。

1ページ目上部の広告枠に露出させることで、キーワード対策をしたばかりの商品でもエンドユーザーの目に触れる機会ができます。

キーワード対策とRPP広告の合わせ技で、更なる効果の上昇が期待できます。

なぜならRPP広告を併用することで

・自然検索の上部にある広告枠に露出できる
・RPP広告を使用していない店舗に差をつけられる
・検索キーワードとのマッチでより広告は表示されやすくなる

などのメリットが生まれるからです。

キーワード対策とRPP広告を掛け合わせることで露出を増やし、冬本番に向けた準備を先取りしてみてはいかがでしょうか。


店舗様によっては、キーワード対策やRPP広告についてご不安をお持ちかと思います。

そこで、楽天で売上・アクセスをアップさせるために、どのような支援を行っているのかを詳しくご説明させていただくセミナーを開催します。

日頃からイベントの集客施策にお悩みの経営者様、EC事業部責任者様に是非聞いていただきたい内容となっております。

セミナーの詳細・お申込み

楽天攻略の鉄則 最新ノウハウ大公開&ワークショップ
開催日:
11月21日(水)
開催地:
東京

楽天市場カテゴリの最新記事