スマホユーザーの利便性を上げる

今回はスマホユーザーが自店舗の商品を、より探しやすくさせる方法についてご紹介します。

現在スマホから店舗内のカテゴリページを確認した際、在庫がない商品は各カテゴリの商品一覧ページにて『売り切れ』と表示されます。

そのため、カテゴリページに『売り切れ』となっている商品が多いと、商品が無いと判断されて離脱を招くことになります。

PCの場合、「在庫有無」「送料無料」「価格順」「新着順」「レビュー数順」など絞り込み機能が用意されているため、検索性は良いのですが、スマホでは、これらを選択する機能が現状デフォルトではついておらず、検索性の悪い店舗となってしまいます。

離脱されないカテゴリページを作るためには、カテゴリごとの上部枠を使い、絞り込みや並び替えのボタンを設置するという方法がおすすめです。

具体的な対策方法は?

対策方法として、例えばPCで『在庫ありのみ』で検索すると「カテゴリURL」+「?s=1&i=1#risFil」へ上部のURLが変化します。

その変化したURLを利用し、スマホページに設置した「在庫あり」ボタンのリンク先に設定することで、ユーザーが「在庫あり」ボタンを押した際に在庫ありの商品のみを表示させることができるようになります。

このように、この機能を利用することで、スマホから検索する際にも「新着順」や「レビュー数順」などに
並べ替えて表示することが可能です。

常に新作を出し続けている店舗様では「新着順」ボタンを設置し、最新の商品が検索しやすい仕様にしてあげたり、中古品など1個しか在庫を持たない店舗では在庫あり商品をすぐに表示できるように「在庫あり」ボタンをしっかりと設置するなど、店舗の商材や特性に合わせて、必要な要素は必須で対応して検索性を高めるようにしましょう。

楽天の運用でお困りのことがある

いつも. では、課題の発見と整理に役立つ、【いつも. 式 店舗診断】を無料で実施しています。

弊社の数多くの支援実績の中で培った成功ノウハウをもとに、それぞれ項目ごとに細かく診断させていただきます。

診断するのは弊社精鋭の現役コンサルタントです。是非この機会に、一度課題の棚卸をしてみませんか?

診断後のしつこい営業は一切ございません。

ぜひお気軽にお申し込みください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今すぐ「無料」で自店舗の改善点をチェックする 

 

なお、楽天市場で売上UPするために最低限やるべきこと25のチェックリストでまとめました。売上を上げるために、アクセス増加、転換率の向上は必須になります。
商品登録、露出、イベント、リピート、商品ページ情報、付加価値など必要な施策をしっかり押さえておきましょう。

楽天市場で売上UPを目指す方は、レポート(PDF)をダウンロードしてみてください。

<楽天市場>売上UPするために最低限やるべき25のチェックリスト

【レポートダウンロードはこちら ▼】

 

この記事を書いた人

いつも. マーケティングチーム
いつも. マーケティングチーム
いつも.のマーケティングチームです。
ECが大好きなメンバーが集まっています。国内からグローバル、自社からAmazon&楽天まで、ECにまつわるあらゆることを発信していきます!