楽天RMS-新機能の活用法

楽天RMS-新機能の活用法

連休中のお客様の動向は確認しておきましょう

今年のGWは稀にみる大型連休でした。
連休中のお客様の動向が気になるところですね。

ECショップの運営では、お客様の動向は分析ツールで読み解くことができます。

 

データを活用して有効な手段を!

特に売上を伸ばすには、商品ページごとにアクセス数や転換率などを分析し、
データを踏まえて施策を打つことが重要です。

そのためには分析ツールを使いこなすことが欠かせません。

 

RMS(店舗運営システム)に新機能が追加されました

楽天市場では、RMS(店舗運営システム)の中でアクセス分析ツールやデータ分析ツールが提供されていますが、昨年末から今年にかけて《新たな機能》が3つ追加されました。

 

1つ目は、アクセス解析ツール「R-Karte」に追加された「商品分析」です。
これは今年1月に追加された新機能で、店舗のアプリページの「アクセス数」「アクセス人数」「売上件数」「ページ転換率」などを知ることができるようになりました。

 

2つ目の新機能は、今年2月に導入されたメール広告「カスタマーマーケティング広告」です。

「カスタマーマーケティング広告」とは、
ユーザーの閲覧履歴や購買行動などに合わせて、メールを自動的に配信するクリック課金型の広告

この広告には「シナリオ」と、今後実装される予定の
「ターゲティング」がありますので、それぞれの特徴に合わせて使い分けましょう。

 

そして3つ目は、昨秋バージョンアップされたデータ分析ツール「売上改善アクション」の「楽天サーチ流入改善」です。

「楽天サーチ流入改善」を使うと、キーワードごとに商品ページの「アクセス数」「転換率」「検索順位」がわかります

昨秋のアップデートで、分析対象の日付指定を行えるようになりました。過去3ヶ月以内のデータが対象となり1ヶ月単位でデータを取得することもできます。

 

ユーザーの動向に合わせた施策を打っていく

楽天市場のユーザーの属性や動向は、年々変化しています。
「R-Karte」の新機能などを活用し、自店舗の現状分析をしっかりと行い、ユーザーの動向に合わせ対応していきましょう。

 

よりEC運営に詳しくなりたい方へ

今回お話しさせていただいた内容は、会員様向けにお届けしている月刊誌『ec Marketer vol.29』(2019年5月号)からの抜粋です。

 

会員制通信講座「ECマーケッター」にご登録いただくと、今回のようなEC運営に役立つ情報を掲載した月刊誌を毎月お届けするほか、
弊社が主催する勉強会にも無料でご参加いただけます。

EC運営における必要な視点から、あなたの店舗に必要なことを知りたい方は、
ぜひ私たちのサービス「ECマーケッター」をご覧ください。

私たちは、Eコマース支援専業として国内最多クラスの9300社超の支援実績を持ち、
売上アップの方法やノウハウを蓄積してきました。

楽天やAmazonなどで売上を伸ばすノウハウについて
弊社コンサルタントが解説する動画を好きなだけご覧いただける上に、月刊誌の内容の詳細を動画でも公開しております。

あなたの店舗の売上を伸ばすために、ぜひこの「ECマーケッター」をご活用ください。

この「EC攻略のノウハウ」に、少しでも多くの方にふれていただきたい思いから
ただいま、EC攻略のために必要なノウハウを、1ヶ月間無料でお試しいただけます。

また、既にいつも.のサービスをご利用いただいているお客様は、
初回に限り6ヶ月間無料でお試しいただけます。(閲覧を開始した月より6ヶ月間無料でご視聴いただけます)

※お試し期間終了後は、有料になります。予めご了承ください。

 

『ECマーケッター』にご興味のある方はこちら↓
http://itsumo365.co.jp/ecmarketer/

EC事業戦略・マネジメントカテゴリの最新記事