公開日:2019年5月28日

Twitterで見込み客を獲得する

SNSを上手に活用し売上を増やす

私たちは日々さまざまな選択をしていますが、お客様が旅行先を決めたり商品を選ぶときに参考にしているのは、なんでしょうか?

一昔前はテレビや新聞などを参考にする方が多かったですが、インターネットが登場してからは大きく変わってきています。

インターネットの登場で、ネット上に掲載される口コミを参考にする人が増えています。

また、SNSで話題となり一気に知名度がアップし、商品が爆発的に売れる、という現象も起きています。

TwitterやInstagramといったSNSを上手に活用して売上を増やすEC事業者も増えてきましたので、ぜひ自店舗での活用も検討してみてください。

Twitterで商品やネットショップの認知度を高める

今回は、Twitterを活用して商品やネットショップの認知度を高め、見込み客を獲得する方法をお伝えします。

フォロワーを増やす効果的な施策の一つが「懸賞キャンペーン」です。

具体的な方法としては、懸賞キャンペーンの応募条件として、公式アカウントをフォローした上で、キャンペーン投稿をリツイートしてもらうのが一般的です。

キャンペーンを実施する際は、販売している商品をプレゼントしたり、商品の割引クーポンを付与したりするなど「商品を体験してもらう」と良いでしょう。

ファンになってもらうには有益な情報を継続的に発信する

懸賞キャンペーンを実施すれば、数千人のフォロワーは、比較的すぐに集まります。

ただし、お店のファンになってもらうためには、フォロワーにとって有益な情報を継続的に発信する必要があります。

ツイートする内容は、セール情報や商品の発売開始・発売終了の案内など、メルマガで配信する情報から始めると良いでしょう。

また、受賞歴やユーザーレビューを紹介するのも有効です。

商品を紹介してくださっているフォロワーには「いいね」と「リツイート」を忘れずに行いましょう。

まずはフォロワー1万人を目標に

注意すべき点は、Twitter経由でいきなり売上を求めないことです。

SNSを使ったマーケティングはすぐに売上につながるものではなく、感覚的にはフォロワーが1万人ぐらい集まって、ようやくポツポツ売れ始めるのが普通です。

まずはフォロワーを1万人ほど集めて、お客様との結びつきを強めることから始めましょう。