公開日:2019年7月5日

物流を制するものはECを制す

EC運営の要となるのは「物流」、即日・土日出荷は売上増につながる

今回は、EC運営の要となる物流についてお話したいと思います。

「物流を制するものはECを制す」といっても過言ではないほど、EC事業者にとって物流は重要なのです。

「顧客満足度を高める」という視点から考えると、注文から出荷までの日数を短縮することが大切です。

現在のEC業界は配送関連のサービス競争がとても激しく、注文当日の出荷や土日出荷に対応する店舗も増えてきています。

実際、即日出荷や土日出荷を行うと売上が大幅に伸びることが多いのです。

では、他店舗との物流競争を勝ち抜くために受注から出荷までの時間を短縮するには、どうすればよいのでしょうか?

物流業務の委託でスピードが上がり顧客満足度もアップ

ここで検討していただきたいのが、フルフィルメント部分の代行サービスです。

AmazonやZOZOTOWNは、これら物流業務の一部を委託して、消費者の利便性を高めています。

実際に業者を利用すると、自社運営倉庫よりも対応が速い物流倉庫で商品を保管できることで商品の入荷受付から商品到着までのスピードが格段に上がります

また、それにより消費者の満足度も向上し競合店舗より選ばれる機会が多くなるのです。

在庫管理の精度を上げる、決済方法を増やせるメリットも

フルフィルメントサービス提供事業者は、在庫管理システムを導入しているところが多いため、在庫管理の精度を上げることもできます。

ほかにも、コンビニ後払いや各種カード払いなど、利用できる決済方法を増やすことも可能です。

このように、外部への委託を適切に使うことができれば、社内の業務を減らすだけでなく、消費者の満足度を大きく高めることができるのです。

ぜひ積極的に活用してみましょう。