「楽天店の売上計画達成!フルフィルメント全般を、いつも.さんが支えてくださっているおかげです」

アメアスポーツジャパン株式会社 様

「スント」EC事業担当 深堀様、「スント」マーケティングマネージャー 三浦様
※写真は深堀様

「SUUNTO(スント)」「Salomon(サロモン)」「Wilson(ウィルソン)」「ARC’TERYX(アークテリクス)」などのスポーツブランドを展開しているアメアスポーツジャパン株式会社(本社、東京都)。

スポーツウォッチブランド「スント」が2019年9月に楽天市場へ出店した際、いつも.の物流サービス「コネクトロジ」を契約してくださいました。
楽天市場における注文処理やカスタマーサポート、倉庫業務といったフルフィルメント全般を弊社に委託し、マーケティングや商品戦略にリソースを集中したことで、出店初年度の売上計画を達成するなどスタートダッシュに成功しています。
「コネクトロジ」を契約してくださった理由や、実感しているメリットについて、「スント」のEC事業を担当している深堀様とスントマーケティングマネージャーの三浦様にお話をうかがいました。

 

 

アメアスポーツジャパン株式会社 様のサイトはこちら

アメアスポーツジャパン様の事例

課題:楽天市場への出店にあたり、フルフィルメント業務全般を委託できる物流代行会社を探していた。

対策:いつも.の物流サービス「コネクトロジ」を2019年9月から契約。

成果:注文処理やカスタマーサポート、倉庫業務などフルフィルメント全般を委託し、マーケティングや商品戦略にリソースを集中できている。楽天でのスタートダッシュに成功し、出店初年度の売上計画を達成した。

「商品の保管や出荷といった倉庫業務だけでなく、注文処理やカスタマーサポートなど、フルフィルメントをワンストップでお任せできることが魅力でした」

──アメアスポーツジャパン株式会社様の事業について教えてください。

深堀様:弊社はスポーツ用具やスポーツウェア、スポーツウォッチ、トレーニング機器などの製造と販売を行っているメーカーです。アウトドアの「サロモン」、テニスやゴルフの「ウィルソン」、ウインタースポーツの「アトミック」、スポーツウォッチの「スント」など6つのブランドを展開しており、主な販路は直営店とスポーツ用品店などへの卸売り、そしてECサイトです。

──ECを始めた時期や、EC事業の現状について教えてください。

三浦様:日本でEC事業を開始したのは2016年です。「スント」「サロモン」「アークテリクス」の自社ECサイトを開設しました。その後、EC事業を拡大するため2019年9月に「スント」の楽天市場店をオープンしました。私は「スント」のマーケティングを担当しており、深堀は「スント」のEC事業を担当しています。

「スント」の公式オンラインショップは現在、自社ECサイトと楽天市場店の2店舗があり、Amazonではベンダーセントラル(卸売り)で商品を販売しています。ECの取扱商品は約130種類です。

──「スント」が楽天市場に出店した当初から、「コネクトロジ」をご契約いただいています。「コネクトロジ」を選んでくださった決め手は、どのような点だったのでしょうか。

深堀様:「コネクトロジ」を選んだ理由は3つあります。

1つ目は、フルフィルメント全般をお任せできるサービスであること。商品の保管や出荷といった倉庫業務だけでなく、注文処理やカスタマーサポートなど、フルフィルメントをワンストップでお任せできることが魅力でした

2つ目の理由は、ギフトラッピングや同梱物の出し分け、梱包資材の指定など、きめ細かいサービスを行っていただけることです。こうした手間がかかるサービスも柔軟に対応していただけるのは大変ありがたいです。

そして3つ目の理由は、いつも.さんはフルフィルメントだけでなく、楽天市場でのサイト構築やページ制作、検索対策、広告運用などもサポートしていただけることです。弊社は「コネクトロジ」のほか、いつも.さんが手がけている楽天市場の検索最適化サービスやRPP運用代行、制作代行サービスも契約しています。業務ごとに委託先がバラバラだと、ディレクションの負担が重くなります。楽天市場における運用業務全般を安心してお任せできることが、いつも.さんと契約する決め手になりました。

「いつも.さんは外注先の企業というよりも、スントのチームとして一緒に働いている感覚です」

──「コネクトロジ」を契約したことで、どのようなメリットを実感していますか?

深堀様:フルフィルメント全般を安心してお任せできるため、マーケティングや商品戦略に集中できています。例えば、楽天スーパーSALEの期間中に商品の入出庫が急増しても、滞りなく出荷していただいていますし、ノベルティキャンペーンなどを実施する際は、倉庫のスタッフさんが迅速に動いてくださいます。

また、カスタマーサポートにお客様から問い合わせが寄せられた際は、その内容を迅速に共有してくださるのはもちろんのこと、対応策や改善策を提案してくださることもあります。

いつも.さんは外注先の企業というよりも、「スント」のチームとして一緒に働いている感覚です。

──楽天市場に出店して1年半が経過しました。これまでの業績を、どのように評価していますか?

三浦様:楽天市場の出店初年度だった2020年は、売上高計画を達成しました。いつも.さんがフルフィルメント全般をサポートしてくださったので、店舗をスムーズに立ち上げて、軌道に乗せることができました。

「良きパートナーとして、これからもスントのECサイトを盛り上げていただけたら嬉しいです」

──「コネクトロジ」や弊社に対する率直な感想を、ぜひお聞かせください。

深堀様:担当者さんはチャットの返答が早いですし、質問にも丁寧に答えてくださるので大変ありがたいです。また、フルフィルメントやページ制作、検索対策、RPP運用代行など、サービスごとの担当者さんが連携して動いてくださるので助かっています。各分野のスペシャリストがチームプレーで動いてくださるのが心強いです。いつも.さんには、弊社の良きパートナーとしてこれからも「スント」のECサイトを盛り上げていただけたら嬉しいです。

三浦様:毎月のミーティングの際などに、ECのトレンドや楽天市場の変更点など、最新の情報をいただけるので助かっています。最新情報を随時共有していただけることも、いつも.さんと契約したメリットだと思います。

──最後に、EC事業の今後の抱負をお聞かせください。

三浦様:ECサイトは「スント」の成長ドライバーになると考えています。日本における「スント」のEC化率はグローバルと比較するとまだ低く、その分、EC売上の拡大余地は大きいでしょう。2021年は、楽天市場で新商品の販売に注力する計画です。今年3月~4月に発売したスポーツウォッチ「SUUNTO 9 BARO TITINIUM(スント ナイン バロ チタニウム)」と「SUUNTO 7 TITINIUM(スント セブン チタニウム)」、は、人気シリーズをアップデートした注力商品。楽天さんとも連携しながら、RPPやスーパーSALEなど最適な施策を打っていくことでECの売上の柱に育てたいです。

深堀様:ECサイトの売上を伸ばすと同時に、ECサイトを活用したブランディングも重要だと考えています。実店舗とECの連携を意識しながら、ECサイトのコンテンツやサービスを通じて「スント」のファンを増やしていきたいです。

アメアスポーツジャパン株式会社 様にご利用いただいているサービスについてはこちら⇓

<コネクトロジ>