株式会社ライオンハート様

佐々木 大輔 様

アクセサリーブランド「LION HEART(ライオンハート)」などを展開している株式会社ライオンハート(本社東京都)。

成長分野のEC事業を伸ばすため、Amazonにおける店舗運営の知識とスキルの習得を目的とした研修サービス「Amazon研修会サービス」を2021年7月から12月までご契約いただきました。

半年間の研修期間中に検索対策やページ改善、広告運用などの知識を身につけ、それらの施策に取り組んだ結果、それまで売上高がほぼゼロだったAmazon店の月商が約150万円に拡大するなど、大きな成果を上げました。

「Amazon研修会サービス」を契約してくださった経緯や、研修を通じて学んだこととその成果について、同社の佐々木大輔様にお話をうかがいました。


株式会社ライオンハート 様のサイトはこちら

■ライオンハート様の事例

課題: Amazon店の売上はほぼゼロの状態だった

対策:いつも.の「Amazon研修会サービス」を2021年7月から12月まで契約

成果: Amazonにおける店舗運営の知識とスキルが身に付き、契約最終月の2021年12月には月商が150万円に拡大

「Amazon店をテコ入れするために「Amazon研修会サービス」を契約しました」

──ライオンハート様が手がけている事業について教えてください

弊社はペンダントやネックレス、指輪、ピアスといったアクセサリーの企画・製造・販売を手がけています。1996年に誕生した「ライオンハート」や、2020年にローンチしたジェンダーレスブランド「LHME」といったオリジナルブランドを中心に、直販店やオンラインショップで商品を販売しています。

直営店は新宿マルイメン、阪急メンズ大阪、有楽町マルイの3店舗です。オンラインショップは自社ECサイト、ZOZOTOWN、マルイウェブチャネル、MAGASEEK、d fashion、Rakuten Fashion、Amazonの7店舗を運営しています。

──EC事業を開始した時期や、EC事業の現状について教えてください。

ECを開始したのは2005年です。最初に自社ECサイトを立ち上げました。その後、2007年にZOZOTOWNへ出店したことを皮切りに、ECプラットフォームの販路を広げてきました。

近年はEC事業が会社の業績をけん引しています。直近の決算期におけるEC売上高は、前年比約150%でした。EC化率(会社全体の売上高に占めるEC売上高の比率)は約60%まで高まっています。

──「Amazon研修会サービス」をご契約いただいた経緯をお聞かせいただけますか?

2020年9月に出店したAmazon店をテコ入れするために、「Amazon研修会サービス」を契約しました。

いつも.さんと契約する以前は、Amazon店の月商はほぼゼロでした。Amazonにおける店舗運営の知見がなかったことに加え、社内のリソース不足も相まって、出店してからしばらくAmazon店はほとんど手をつけられていなかったんです。

特に課題だったのは、Amazonの中で弊社のショップをユーザーに見つけてもらえなかったこと。「シルバーアクセサリー」や「メンズピアス」といったビッグワードでは検索上位を獲得できていませんでしたし、ブランド名で検索しても卸先のショップに上位を独占されていました。

私は2021年2月に入社し、Amazon店の担当に着任したのですが、それまでECサイトを運営した経験がなく、自力で売上を伸ばすことは難しいと感じていました。そこで、外部の専門家から指導を受けようと、複数のコンサルティング会社と商談した中で、いつも.さんに出会ったというのが契約までの経緯です。

「「Amazon研修会サービス」を受講して売上を伸ばす力を身に付けることが、長期的にメリットが大きいと判断しました」

──たくさんのコンサルティング会社の中から、いつも.の「Amazon研修会サービス」を選んでくださった決め手は、どのような点だったのでしょうか。

Amazonで売上を伸ばす力を身につけ、自分で店舗を運営できるようになりたかったからです。

ネットショップの売上を伸ばす方法は、大きく分けると2通りあると思います。1つは、ショップの運用を専門の会社にアウトソーシングすること。そして2つ目は、売上を伸ばす力を自ら身に付けることです。

今回、弊社は後者を選択しました。ECサイトの運用をアウトソーシングすると、社内の業務負担は軽くなりますが、知見が社内に溜まりにくいというデメリットがあります。Amazonで継続的に事業を行うことを考えると、「Amazon研修会サービス」を受講して売上を伸ばす力を身につけることが、長期的にメリットが大きいと判断しました。

──「Amazon研修会サービス」では、どのようなことを教わりましたか?

Amazonで売上を伸ばすための考え方の基本から始まり、モール内の検索対策、転換率を上げるためのページ改善、スポンサープロダクト広告のPDCAサイクルの回し方、大型イベントで売上を伸ばすための施策などを網羅的に教えていただきました。

月1回の90分間の研修会では、担当コンサルタントさんが弊社にお越しくださり、マンツーマンで指導してくださいました。その内容は専門的で、かつ、実務ですぐに使える実践的な内容でしたから、回を重ねるごとに成長を実感できました。

週1回のオンラインミーティングでは、日々の店舗運営で発生した課題や疑問などを質問し、随時回答していただきました。

──ECサイト運営の経験が浅かった佐々木様にとって、研修の内容は分かりやすいものだったでしょうか。

右も左もわからなかった当時の私でも、とても分かりやすかったです。

担当コンサルタントさんは私の知識レベルを考慮し、Amazonで売上を伸ばすために必要なことをリストアップした上で、優先順位を決めてカリキュラムを設定してくださいました。何を、どのような順番で実行すれば効果が出るのか。そのことを熟知したコンサルタントさんが、弊社の要望を汲んで柔軟に対応してくださったことが、短期間で成果が出た要因だと思います。

「検索対策とページ改善、広告運用がうまく噛み合って、売上を伸ばすことができています」

──「Amazon研修会サービス」をご契約いただいたことで、どのような成果が表れましたか?

Amazon店の月商が大きく伸びました。いつも.さんと契約する以前は、月商がほぼゼロでしたが、契約最終月の2021年12月の月商は約150万円でした。

モール内でショップを見つけてもらえないという課題も解消され、今では「メンズピアス」といったビッグワードでも検索の上位に弊社のショップが表示されています。

また、2021年10月に開始したスポンサープロダクト広告でも売上を獲得できています。広告を実施する前にページ改善に取り組み、転換率の高いショップに改善したことが、広告効果の向上にもつながりました。検索対策とページ改善、広告運用がうまく噛み合って、売上を伸ばすことができています。

──EC運営の知見を社内に蓄積したいという目的は、達成できましたか?

はい。検索対策やページ改善、広告運用のPDCAサイクルなどを社内で行えるようになりました。

──「Amazon研修会サービス」に対する率直な感想を、ぜひお聞かせください。

担当コンサルタントさんは熱意を持って、真剣に弊社と向き合ってくださいました。月1回の研修会は毎回とても充実した時間でしたし、私が日々の仕事で疑問がでてきたとき、チャットで質問すると、カリキュラム以外のことでもコンサルタントさんは快く回答してくださいました。

コンサルタントさんは決められた業務をこなすだけでなく、Amazon店の売上を伸ばすという目標に向かってサポートしてくださったので、とても心強かったです。

──最後に、EC事業の今後の抱負をお聞かせください。

ECサイトでも実店舗の接客と同じように、人と人とのコミュニケーションを大切にしたいと思っています。

私はEC事業のカスタマーサービスを担当しており、日々、お客様からの問い合わせに対応しています。
メールなどで問い合わせをいただいたときに、質問にただ回答するのではなく、その質問の裏側にはどのような困りごとがあるのか、また、どういったニーズや悩みを持っているのか、そういったことまで思いを馳せながら対応することを心がけています。
お客様の顔を見て対応することができないECだからこそ、温かみのあるお店を目指したいです。

株式会社ライオンハート 様にご利用いただいているサービスについてはこちら⇓

<Amazon支援サービス>

株式会社ライオンハート様に
ご利用頂いているサービスはこちら

本事例でご利用の
サービス資料請求
お問い合わせ