公開日:

グローバルビジネスの基礎知識⑤~現地パートナー選び

グローバルビジネスの基礎知識⑤~現地パートナー選び

海外渡航が困難な状況が長期化する一方で、貿易取引については依然として活発に行われています。
国内でのEC事業から、新たに海外進出を計画されている方も多いのではないでしょうか?
グローバルビジネスの基礎知識をお伝えする本連載の第五弾は、現地パートナー選びについてご説明をします。

海外ビジネスと現地パートナー

海外展開にあたってはまず進出先の国・地域の市場についての調査を実施して、市場として適切かどうかを判断する必要があります。
関税を含む輸出入の制限や現地規制、地理・文化・社会、政治経済、競合、市場規模、流通・業界構造などについて徹底した海外ビジネス調査が欠かせません。

その上で、進出予定先が適した市場と判断できれば、実際の進出にあたり必要となる、現地での取引先を選定するパートナーの発掘調査へと進んでいきます。

現地パートナーの信用調査

海外での取引は異なる国の間で行われており、取引先についての情報が乏しく、信用状態には不安がある場合も珍しくなく、貿易投資には資金負担リスクも発生します。

そこで取引先の候補を絞り込み、具体的な引き合いなどの交渉に進んだならば、本当に契約を締結して問題ないか信用調査を行いましょう。

信用調査は銀行に紹介して行う方法やコンサルティング・リサーチ企業に依頼して行う方法、現地の業界団体や同業者にヒアリングを行う方法などがあります。

4つのC

パートナー発掘の信用調査におけるポイントとなるのが以下の「4つのC」と呼ばれるものです。

(1)資本力(Capital)

資本力や支払い能力

(2)営業能力(Capacity)

営業・経営の能力、取引量

(3)誠実性(Character

公正な取引や契約履行の責任感

(4)企業環境(Conditions)

成長性、経済状況等

以上の項目をもとに信用調査を実施して、信用度に応じた取引条件を設定しましょう。

海外展開にはやはり情報が国内よりも少ないため、そこに大きなリスクが伴うことも事実です。
こうしたリスクを回避するためには、第三者によるより高い精度の情報提供とマッチング支援のサービスを活用することが有力な選択肢となります。

弊社では世界29か国・地域で約2000社のバイヤーとオンラインでマッチングできるB2Bプラットフォーム「シェイカム」を提供しています。当社のパートナー企業である、29の国と地域2,000社の海外主要小売店のバイヤーとマッチング可能で、海外企業との商談経験が豊富な当社のコンサルタントと一緒に営業商談を行えます。

よろしければぜひご相談ください。