2020年10月12日

なぜ経営者は孤高の存在なのか

私たちは多くのクライアント様と打ち合わせし、売上を上げるために試行錯誤をしています。

その際、経営者の方からこのような悩みをお話しいただくことが多くあります

「こちらから指示しないと部下が動いてくれないんだ」
「実際の作業者が何をやっているか分からないから強く指示が出来ないんです」

どちらも難しい課題ですが、原因として考えられることが共通してあります。

それは「マインドセットができていない」ことです。

この場合で言いますと「組織の中で構成メンバーが同じ目標を見ていない」ということです。
つまり、経営者の目標や考えが末端まで行き渡らず、各メンバーに主体性や具体性が持てない状況となっていることです。

ここで大切なのは「ビジョン」を共有することです。

最初の一歩として、経営者が一年後、三年後に成功といえる状態を明示することです。
また、この状態が組織全体として全員がワクワクするようなものでなければなりません。

この「ビジョン」の後にKGIやKPIといった目標数値が出てきますが、まず「経営者が何を目指しているのか」を共有してみてはいかがでしょうか。