公開日:2019年2月5日

Amazonで相乗りされた際の対処法

相乗りされた際の対処法とは

アマゾンに出品されている経営者様、担当者様から、

「カートを取得できていない」

「売りたい商品がなかなか売れない」

「他社との価格競争になってしまっている」

といったご相談をよくお受けします。

Amazonでは一つの商品に対して複数の出品者がいるため、同じ商品を他社に「相乗り」されている場合、売上拡大のための重要な販売機会を失ってしまいます。

そこで今回は、相乗りされてしまった際の対処法について一部ご紹介いたします。

まず、Amazonで出品されている商品の中には、型番商品とオリジナル商品の2種類があります。

1. 型番商品
ー他社に卸している商品

2. オリジナル商品
ー出品者独自の商品

通常、「相乗り」される可能性が高い商品は上記の2種類のうち、他社に卸している型番商品となっております。

この型番商品が相乗りされてしまった場合、他社よりも価格を下げることで再度カートを取得できる可能性もありますが、あまり価格勝負になってしまうと肝心の利益が少なくなってしまいます。

オリジナル商品として販売すること

そこで重要なのが、相乗りされてしまった商品を違う「オリジナル商品として販売できる」ように対策することです。

オリジナル商品として販売することで、相乗りを回避することが出来るため、しっかりと販売機会を確保できるようになります。

販売している商品が相乗りされている場合には、まずオリジナル商品として販売できるようしっかりと対策を行い、売上拡大に向けた施策を随時行っていきましょう。
 
EC運用に役立つレポート(PDF)も公開中です。
 
【現在公開中のレポート一覧はこちら▼】
https://itsumo365.co.jp/report/