【EC初心者向け】EC業界の歴史と今後の動向をざっくり解説

【EC初心者向け】EC業界の歴史と今後の動向をざっくり解説
日本でECがいつから始まったかは知っているかな?
ECの始まりですか・・・。気が付いたらとても身近になっていたから、考えたこともなかったです。
確かに最近は生活に直結するくらい、一気に身近な存在になったよね。
でも、それって何か重要なんですか?
もちろんだよ!国内のEC業界の歴史を学び、それを踏まえてECの今後を予想することは、事業を成長させる上でとても大事なことなんだよ。
なるほど!ECの歴史を学べばECのこれからに繋がるんですね!ぜひ勉強させてください!

EC業界20年の歴史をざっくり解説!
スマホ普及と当日配送がターニングポイントに

日本でECが本格的に始まったのは1990年代の後半で、今から20年前の1997年に楽天市場がスタートしている。そして2000年にAmazonが国内で書籍販売のECを開始し、翌年にはECモール(マーケットプレイス)を開設したんだ。当時は「楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングなどの『モール』に出店すれば売れる」と言われ、とりあえずECを始めてみようという機運も盛り上がっていった。自社ECサイトを手軽に安価で構築できるクラウド型サービスも台頭してきたことで、2000年代前半は多くの企業がEC事業に参入し、2005年にEC市場は5兆円を超えている。

そして、EC業界のターニングポイントになったのが2009年だ。
この年にiPhone3が日本で発売され、そこから爆発的にスマホが普及していった。つまり、消費者はいつでもどこでも買い物ができるようになったんだ。その結果として、ECとリアル店舗が融合したサービスを展開し、消費者の利便性をさらに高めて、自社のファンを作る取り組みが活発になっていった。

また、2009年にはもうひとつ大きな出来事が起こっている。Amazonが当日配送サービスを開始し、楽天市場も翌日に商品が届く「あす楽」をスタートしたんだ。大手2社の取り組みが引き金となって、ECは「手軽に買い物ができて、かつスピーディーに商品が手元に届く」というサービス競争時代に突入したと言えるね。

日本国内におけるEC業界の変遷

1990年代にはもうスタートしていたんですね!印象としてはやっぱりスマホが浸透してきたくらいから、記憶に残っている気がします。
そうだね。EC参入企業がドンドン増え、しっかりと地盤が出来た状態でスマートフォンが普及したのも、タイミングが良かったのかもしれない。誰もがECを利用するようになっていったのはやっぱりそのくらいの時期なんだ。
スマホで簡単にお買い物できるようになったり、すぐに届くようになって利便性が向上したりと、色々なきっかけがあってわずか20年間で大きく成長してきたんですね!
その通り!
じゃあ、これからのEC業界はどうなっていくんですか??
EC業界の未来を語る上で重要なキーワードは2つある。今からしっかり意識しておくようにしよう。

多チャネル化とグローバル化の波が押し寄せるEC業界の未来

消費者がインターネットで買い物をする際、ECモール、自社ECサイト、アプリ、そしてスマホ決済やID決済、さらにはソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)など、オンラインのあらゆるチャネルで商品に出会い、オンライン上で決済する時代へと急速にシフトしている。こうした「多チャネル化」に対応することが、これからますます重要になっていくだろう。

また、日本国内から中国、台湾、ASEAN諸国、北米などの海外に商品を販売する「越境EC」はすでに盛り上がっているけど、これからは海外市場を開拓するために、現地法人を設立して本格的にECを展開する企業も増えていくと思うよ。

 

世界に手広くですか!?なんだかわくわくしちゃいますね!
そうだね!ただしこれらを実現するには、事前準備をしっかり行っておく必要がある。まずは足元を固めて地盤を作っておけば、ECの歴史にあったスマートフォンが普及した時のように、大きな波に乗ることができるだろう。
なるほど!『ECの歴史を学べばECのこれからに繋がる』ですね!
その通り!

先輩のワンポイントアドバイス

これからのECのキーワードは「多チャネル化」と「グローバル化」。今後も拡大を続けるEC業界の波に乗り遅れないようにしよう!

EC初心者向けカテゴリの最新記事