効果的なサンキュークーポン活用法

効果的なサンキュークーポン活用法

セール後はリピート施策を忘れずに!

楽天市場ではたびたびセールが開催されますが、セールで購入してくれたお客様へのリピート施策は行っていますでしょうか?

セールはリピーターを獲得するチャンスでもありますので、リピート施策はぜひ行いましょう。

楽天市場には購入者にリピートを促す「サンキュークーポン」があります。

楽天市場の「サンキュークーポン」を活用する

本日は、弊社がご支援させていただいている大手化粧品メーカー様より、以前お寄せいただいた「サンキュークーポン」についての質問をご紹介したいと思います。

質問は「楽天市場のサンキュークーポンの効果的な設定を教えてください」というものでした。

「サンキュークーポン」は、3つの視点で設定するとより効果が得られます。

ポイントは、リピーターの再訪や転換率を上げること。それを忘れないことが大切です。

「サンキュークーポン」の効果を上げる3つの視点

1つ目の視点は、「獲得条件のハードルは上げない」

ECサイトでよく見かけるのは、獲得条件に金額でボーダーを設けたり、獲得対象ユーザーを新規のみにすること。

しかし、サンキュークーポンはリピートのための足がかりです。最初に制約を多く設けると、リピーターになりうるユーザーが激減してしまいます。

「入り口(=獲得条件)は広く取り、出口(=利用条件)では少しハードルを上げる」

ということが設定の肝です。

2つ目の視点は、「他クーポンとの併用は不可にする」

出口(利用条件)のハードルを少し上げるための具体的な対策法は、他クーポンとの併用を不可にすることです。

併用可にしてしまうと、イベント時などで他クーポンを発行した際に、値引き金額が大きくなってしまい、自店舗の首を絞めてしまうことにつながります。

そして3つ目の視点は、「メルマガでリマインドをかける」

サンキュークーポンは有効期限が近くなると、ユーザーに通知がされるというメリットもあります。

しかし、通知されても利用を忘れてしまうユーザーも多いので、購入期間でセグメントをかけ、サンキュークーポンと同じような条件のクーポンを
発行して、メルマガで告知するのも有効です。

以上の3つの視点で設定し、「サンキュークーポン」を効果的に活用しましょう。

EC運営のノウハウを知りたい、売り上げを伸ばしたい

EC運営における必要な視点から、あなたの店舗に必要なことを知りたい方は、ぜひ私たちのサービス「ECマーケッター」にご登録ください。

私たちは、Eコマース支援専業として国内最多クラスの9300社超の支援実績を持ち、売上アップの方法やノウハウを蓄積してきました。

会員制通信講座「ECマーケッター」にご登録いただくと、
楽天やAmazonで売上を伸ばすノウハウについて弊社コンサルタントが解説する動画を、好きなだけご覧いただけます。

また、EC業界の最新情報を掲載した月刊誌を毎月お届けするほか、弊社が主催する勉強会にも無料でご参加いただけます。

あなたの店舗の売上を伸ばすために、ぜひこの「ECマーケッター」をご活用ください。

この「EC攻略のノウハウ」に、少しでも多くの方にふれていただきたい思いからただいま、EC攻略のために必要なノウハウを、1カ月間無料でお試しいただけます。

また、既にいつも.のサービスをご契約いただいているお客様は、
初回に限り6カ月間無料でお試しいただけます。(閲覧を開始した月より6カ月間無料でご視聴いただけます)

※お試し期間終了後は、有料になります。予めご了承ください。

『ECマーケッター』にご興味のある方はこちら↓

EC事業戦略・マネジメントカテゴリの最新記事