41/41ページ

41/41ページ
  • 2014.09.24

楽天市場での売上拡大のポイント

楽天モールは、昨年の年間商流がすでに2兆円を突破して更に成長が続いています。スマホ経由の売上も40%を超えたり、実店舗とのポイントカード連携、「楽天BOX」等での受取の利便性を高めたり、8月にはビッグサイトでリアルイベント「楽天フェス」を行ったりとEコマースの成長を牽引する存在として注目を集めています。そのような背景を受けて、大手有名企業やメーカー・卸企業など本格参入も増えています。 新規参入から […]

  • 2014.09.17

EC事業、再構築のススメ ~2~

前回はECが小売業化していくというお話をさせて頂きました。今回はそんな業界の流れに合わせたEC再構築の具体的な進め方について触れていきます。 かつては営業利益率で夢のような値を出すEC事業者が存在していましたが、そんなところはもはやありません。小売業の営業利益率は総じて5%前後といったところですが、ECの収益構造も今では小売業に似てきました。 一方で、月商3000万円くらいの規模で一切広告費を使わ […]

  • 2014.09.10

EC事業、再構築のススメ ~1~

今回はEC事業の再構築についてご説明したいと思います。 今回はまず、そもそもなぜ再構築が必要なのかという点をお伝えしていきましょう。 例えば2、3年前であれば、とにかく売り上げの拡大を目指せばよかったわけです。実際、昨年対比で1.5~2倍という伸び率も珍しくはなかったです。自社サイトの対応としては、簡単に言ってしまうとSEOとリスティングだけをやっていれば良く、それに加えて楽天を中心とした多店舗展 […]

  • 2014.09.03

ネットスーパー事業拡大のポイント

大手スーパー中心に地域の顧客をファンにし続けることを目的として「ネットスーパー」参入と事業拡大を目指す企業が増えています。その中で、ネットスーパー事業拡大のポイント、拡大に向けた課題と対処法をまとめましたので参考にしていただければと思います。 実店舗運営は強いがECの経験はなし  まずネット販売というビジネスモデルにおける手法では、当然ですが集客や運営、リピート施策といった点に至るまで、ネットなら […]

  • 2014.08.27

アメリカの“ソーシャル”活用4つのポイント

完成品だけでなく調理する“過程”を見せる 一方、SEPHORAという化粧品メーカーでは、ネット上の掲示板をうまく使っています。毎週金曜日にManiさんという人が自分のネイルを披露します。すると、それに反応してユーザーが自分たちのネイルを見せ、場が盛り上がるのです。これはFBのようなオープンで“大きな”メディアではなく、“小さな”場としての掲示板だからこそ成り立っているケースと言えるでしょう。つまり […]

  • 2014.08.20

アメリカの“ソーシャル”活用事情

今回のテーマは、「ソーシャル活用」です。ソーシャルメディアを使う理由はさまざまにあるでしょうが、その1つとして“大手への対抗策”という側面があります。 アメリカではこれまでアマゾンや通販企業などがリスティングやSEOなどウェブ広告に力を入れていましたが、昨今ではそこに大手小売チェーンも広告費を投下して出稿するようになっています。大手チェーンの場合、リアルとネットの在庫連動や会員一元化などいわゆるオ […]

  • 2014.06.25

世界最大のEC展示会「IRCE」にて

今年もアメリカで開催された、当社が日本独占公式パートナーを務める世界最大のネットショップのカンファレンスとエキシビションである「IRCE2014」に訪問してきました。6月10~13日にシカゴで開催されたのですが、参加人数は1万人にのぼりました。そこで今回は、IRCEで見聞きしたことで興味深かった内容についてご紹介したいと思います。 数字に見るアメリカのEC動向 まず、IRCEを創設した企業であり、 […]

  • 2014.06.20

商品検策サービス「Googleショッピング」について

今回は集客面でEC事業者にとっても重要となってきているGoogleの「商品リスト広告」を取り上げます。 商品検策サービス「Googleショッピング」 そこでまずは「Googleショッピング」について少し触れておきます。「Googleショッピング」とはGoogleの商品検策サービスですが、EC事業者が自社で販売する商品情報などを“表示”させたい場合は「Googleマーチャントセンター」に商品データを […]

  • 2014.01.08

アメリカで見た、最新のEC 事情 ~2~

前回は「アプリ」と「受取カウンター」の2つの事例をご紹介しました。今回は、3つ目「ショールーミングの進化系」の事例をご紹介しましょう。 商品を“見せるだけ”のアパレル店舗 最後に3つ目の取り組みです。日本でも「ショールーミング」という言葉が使われていますが、これはリアルの店頭で商品を見たり着用したりするなど“現物”を確かめて、購入はECサイトで行うという購買行動を指します。シカゴの街ではこのショー […]

  • 2014.01.06

アメリカで見た、最新のEC 事情 ~1~

先日、アメリカのシカゴで開催された「IRCE2013」という世界最大のネットショップ向けのコンベンション・展示会に行ってきました。そこで今回は「IRCE2013」の会場となったシカゴの街で見てきた、現地のEC事情について3つの事例をお伝えしたいと思います。 超高級百貨店のアプリを使った動画戦略 1つ目のケースとして、超高級百貨店「SAKS FIFTHAVENUE(サックス・フィフス・アベニュー)」 […]

1 41