公開日:2016年7月22日

Amazonスポンサープロダクト 差し引き決済導入でキャッシュフローがよりシンプルに

みなさんこんにちは。いつも.のECコンサルタントです。今回はAMAZONの広告の1つスポンサープロダクト強化の一環である決済方法の追加についてご紹介しましょう。

 

今までは、事業者がスポンサープロダクトを出稿したりした際に支払う広告費は、クレジットカード決済のみで行われてきました。しかし、クレジットカード決済の場合、月に一度届く利用明細の中で、同じクレジットカードを使用してアマゾンで商品を購入している場合、同じ明細項目となってしまい、どれが広告費なのか、どれが商品購入なのかわかりずらかったり、そもそも法人カードを持っていないことでスポンサープロダクト導入が出来ないケースがありました。

そこでご紹介したいのが今回追加された差し引き決済という方法です。
アマゾンマーケットプレイスに出品して取引が行われた際、お金の流れは、商品が売れた際に一般消費者からアマゾンがお金を徴収し、アマゾンから事業者に支払うというものです。

これまでの取引の流れ
これまでの取引の流れ

この差し引き決済はこのアマゾンから事業者にお金が振り込まれる際に、広告費が抜かれた金額が振り込まれるという選択が出来るようになりました。

差し引き決済を利用した場合
差し引き決済を利用した場合

アマゾンサイドもこの差し引き決済の利用を推奨しており、事業者としては振り込まれる金額を全て売上として計上できるようになる他、支払いのタイミングに関しても、広告を出した際と同じサイクルで事業者に支払いが行われるため、広告費に対してどの程度の効果があったかなども掴みやすくなり会計上便利に進化したと言えるでしょう。

AMAZONがスポンサープロダクトを強化していく上で、今後も決済方法が増えると予想されています。アマゾンに出品する事業者は、アマゾンがどういった部分に力を入れていくのかを把握する上でもぜひチェックしておきましょう。

[あわせて読みたい]

【2021年最新版】今から始めても遅くない!Amazon広告の必要性と具体的事例を解説

Amazonスポンサープロダクト広告を改善するコツ【動画解説】

Amazon新規出品者は必見!後発組で売れない店舗が最初にする事

amazon 広告費 請求に関するよくある質問

 

amazonの広告費の決済方法は?
クレジットカード決済と今回追加された差し引き決済という方法がございます。
詳しくはサイトをご確認ください。
https://itsumo365.co.jp/blog/post-1292/