こんにちは。
株式会社いつも. 集客コンサルタントの高橋です。

今回はSEO対策のキーワード追加における【見落としがちなキーワード】についてお話しいたします。
多くの店舗様では検索からのアクセスを増やすために楽天内のサジェストで探した商品のビッグワードや自店舗でアクセスの多いキーワードを探し出して商品名やキャッチコピーに追加していると思います。しかし、それ以外のキーワードをしっかりと探し出している店舗様はそう多くはありません。

では、どのようなキーワードを登録すればよいのかという疑問が生まれます。その代表的な例として「言い換え」「ゆらぎ」があります。

「言い換え」とは、同じ事柄を別の言葉で言い表すことで、例を出すと

「プレゼント」⇔「贈り物」
「詰め合わせ」⇔「アソート」
「お菓子」⇔「スイーツ」

などがあります。

また「ゆらぎ」とは、同音、同意味の語句について異なる文字表記で表す言葉です。例を出すと

「財布」
「さいふ」
「サイフ」

などがあります。

「言い換え」や「ゆらぎ」のキーワードは自分が思いつかない限り探し出すことの出来ないキーワードですので、見落としがちになってしまいます。自店舗の商品が「言い換え」や「ゆらぎ」対策が出来ているのか確認したことがない方は一度見直してみてはいかかでしょうか。アクセスが中々伸びないと感じている方がいらしたら、解決策の一つになるかもしれません。

このようにキーワードの探し方にも様々な方法があります。他にも、昨年と同じ時期に多く検索されたキーワードや購入に繋がったキーワードを参考にするのも一つの手です。また、楽天の「注目キーワードランキング」など季節ごとに人気のキーワードを意識するなどキーワードの選定の仕方も様々あるのでまずは上記に書かれていることを試してみてはいかがでしょうか。

 

なお、楽天市場で売上UPするために最低限やるべきこと25のチェックリストでまとめました。売上を上げるために、アクセス増加、転換率の向上は必須になります。
商品登録、露出、イベント、リピート、商品ページ情報、付加価値など必要な施策をしっかり押さえておきましょう。

楽天市場で売上UPを目指す方は、レポート(PDF)をダウンロードしてみてください。

<楽天市場>売上UPするために最低限やるべき25のチェックリスト

【レポートダウンロードはこちら ▼】

 

この記事を書いた人

いつも. マーケティングチーム
いつも. マーケティングチーム
いつも.のマーケティングチームです。
ECが大好きなメンバーが集まっています。国内からグローバル、自社からAmazon&楽天まで、ECにまつわるあらゆることを発信していきます!