公開日:

Amazonでレビューを増やす方法とは?

Amazonでレビューを集める方法とは

みなさん、こんにちは。

株式会社いつも. Amazon(アマゾン)集客コンサルタントです。

今回はAmazon(アマゾン)の【転換率アップのためのレビュー施策】についてお話しいたします。

転換率アップのためのAmazon(アマゾン)レビュー施策とは

早速ですが、あなたの店舗はAmazon(アマゾン)でレビュー対策をしていますか?

・レビューを増やすためにどうしたら良いかわからない
・レビューを何件集めればいいのか分からない
・フォローメールを送ってもレビューを書いてもらえない

など、そんな悩みで困ってる方は多いのではないでしょうか。

Amazon(アマゾン)商品ページのレビューが約20件程度を超えると信頼性が高まり、購入率が上がってくる傾向にあります。また、レビューが0件と1件でも大きく転換率が違ってきます。

その他にレビューを充実させるメリットは様々あります。

1つ目は、レビュー数が多いと、人気店の「にぎわい」が出て売れている雰囲気が出ますし、お客様はレビューの情報も判断し購入するようになります。

それに伴って、広告を掛けている場合も購入に繋がりやすくなり売上アップやROAS(費用対効果)の改善に繋がってきます。

2つ目は、レビューから「商品に対する世間の実直なニーズ」を読み取ることができることです。

「配送が遅い」「〇〇の部分が使いづらい」など商品に対する感想や要望、不満などを分析すれば、ショップ運営の改善に役立てることができ、売上アップにつなげることができます。

Amazonレビューは2種類あり「出品者評価」と「商品レビュー」の解説

出品者評価とは、その名前の通り出品者に対する評価になります。
このあと紹介する商品レビューとは異なり、出品者の対応の良し悪しを評価されることになります。

例えば、
・包装に問題はなかったか
・発送方法は適切だったか
・商品の状態と説明内容に違いがあったか
などが評価されます。

もし、Amazon(アマゾン)FBAを利用されての発送となった場合は、出品者は購入者からの低いレビューに対して「評価の削除」依頼をAmazon(アマゾン)に申し出ることができます。ただし、商品状態など包装や配送以外の部分に関するレビューについては削除依頼はできません。

続いて、商品レビューについて解説いたします。

こちらも名前の通り、商品に対するレビューであり、各ASIN毎にレビューがされます。

商品レビューはAmazon(アマゾン)内での検索結果の順位にも影響を及ぼし、また商品の購買率にも大きな影響を与えます。最近では、同じ商品に対して複数の出品者が存在している状態で、購入者はレビューの数と質でどっちの出品者から買うかを決めるため、大変重要なポイントとなります。

Amazon(アマゾン)に存在する2種類のレビューを理解したところで、次は実際にどうやって集めるかについて解説を行います。

Amazonレビュー数を増やす方法:レビューをリクエストする

 

Amazon(アマゾン)でレビューを増やす方法として一般的なのが、フォローメールを送る対策です。

Amazon(アマゾン)で商品を買ってくれたユーザーにメールを送りレビューの投稿をお願いする方法です。レビューの獲得対策を行わない場合、販売数に対するレビューの書き込み率は約1%・2%程度と言われております。また、人間の心理上良い時よりも悪い時の方が書き込みたくなることから、思ったより高評価が集まらないということもあります。

商品購入後に「フォローメール」を送ることでレビューの書き込み率を大きく伸ばす対策を行いましょう。

また、当たり前ですが送るだけでなくお客様に書いてもらいやすいような内容にすることが大切です。

ただし、フォローメールにはいくつかの制約(禁止行為)があるので注意が必要です。

・Amazon(アマゾン)以外のサイトへの誘導
・顧客情報の記載
・景品、クーポン、その他報酬を用いてレビュー数を獲得する行為
・高評価のレビューの依頼
・レビューの変更および削除依頼
上記を必ず守るようにしましょう。

また、購入者の中には間違えて「商品レビュー」ではなく「出品者レビュー」の方に投稿する方も多い為、誘導もしっかりしておくことも大事です。

Amazonレビューから購入者のニーズを読み取り改善策を練る

Amazon(アマゾン)のレビュー内容をしっかり分析して、次の施策に活かす取り組みを行っておりますでしょうか。

購入者からのレビューは商品改善のポイント、次の出品商品に関するヒントがたくさん隠されています。

例えば、本当は登山用のウェアとしてAmazon(アマゾン)で販売していた商品のレビューとして「ランニングウェアとして最高でした!」という旨の高評価があった場合、訴求ポイントを”登山”から”ランニング”に変更するなどの転換たできます。このような訴求内容の転換だけで大きく売上が伸びるケースもあります。

また、先程のようなネガティブレビューについては、改めて商品の品質について、保証内容の再確認を行うことで更に多くの人に喜んで購買される商品を作ることができます。

このようにレビューにはたくさんのヒントが隠されていることから、ぜひ定期的に確認を行うことが大事です。

できれば、月に1回程度は「Amazonレビュー内容報告会」を実施し、チーム内で会社内で確認し合いましょう。

今回、ご紹介した対策や改善策をまだやられていない方がいらしたら是非試してみてください。