Amazonの顧客志向を売上に繋げるポイント

Amazonの顧客志向を売上に繋げるポイント

アマゾンについて知識のある担当者がいない

アマゾンに出品されている経営者様から、

「知識のある担当者がいないため、うまく運用できない」
「リソース不足で、アマゾンまで手が回らない」
「アマゾンの運営担当者として、育成ができる環境がない」

といったご相談を多くいただきます。

特に、近年アマゾンの目覚ましい勢いを感じている中で、自社でもその波に乗って売上を押し上げていきたいものの、アマゾンでの運用に必要な知識が足りないとお悩みの経営者様はきっと多いことと思います。

そのような場合は、まずは今からお話するアマゾン運用の考え方についての内容を運用時のポイントとして参考にしていただければと思います。

アマゾンは、ユーザーの顧客満足を非常に大切にしている

ユーザーの顧客満足を追求するために、以下のような特徴があります。

商品が選びやすい

アマゾンでは、複数の出品者が同じ商品を出品していても1つの商品ページで販売される仕様です。これにより、ユーザーは出品者を吟味する手間が減り商品だけを選びやすく買い物ができるのです。

そして、出品者様側で重要なポイントは、以下にあります。

ショッピングカートボックスを獲得しているか?

獲得していることで、競合に勝ちやすく売上拡大に繋がりやすくなります。販売価格や配送方法の設定がその獲得に大きく関わってきます。

どのようにアマゾン内でアクセスを集めるか?

アマゾンユーザーに好まれるシンプルな商品名の中に、自然な形で、SEO対策をおこないましょう。

配送が早いから利用するユーザーが非常に多い

「アマゾンは配送が早いから利用している」というユーザーは、非常に多いです。特にプライムマークの付いている商品は、配送料無料や、出荷対応が早いなど信頼の高い商品として認知されています。

そのため、出品者様側は以下の点を確認する必要があります。

自社のパフォーマンスを改善できるか?

注文不良率やキャンセル率、出荷遅延率など、各種パフォーマンスの目標値を達成できるよう運用しましょう。

FBAの利用ができるか? または、マケプレプライムの条件を満たしているか?

プライムマークは大きな訴求力となります。


いかがでしょうか。

アマゾンの運用を行う上で、顧客志向という基本の考え方をおさえ、その方針に沿った運用をしていきましょう。では、実際にどのような対策を行い、どのような結果を得ることができるのでしょうか?

アマゾン運用の考え方について、お話しさせていただきましたが、

アマゾンでアクセス・売上アップするポイントを、実績例をふまえつつお話させていただくセミナーを設けました。

「実際に行っているサービスの実例が聞きたい」
「自社だけの運用は不安だから、運用代行を利用したい」
「人材育成し、自社でも運用できるようにしたい」

といった方は、ぜひご参加お待ちしております。

セミナーの詳細・お申込み

アマゾンで売上アップする2つの施策公開
開催日:
10月26日(金)
開催地:
WEB
人手不足のアマゾン出品者様が月商400%伸びた理由
開催日:
10月18日(木)
開催地:
東京


 
 

アマゾンカテゴリの最新記事