公開日:2018年10月25日

Amazonで広告効果を高めるための必勝法

アマゾン店舗を運営していて、あなたもこんなお悩みに直面していませんか?

・競合に広告枠を取られてしまう
・広告運用のノウハウがないので、やり方が分からない
・リソース不足で広告の分析・対策ができていない

など、上記のお悩みの声を多くいただきます。

広告効果を高めるためには

まず、アマゾン内で広告効果を高めるためには

・オートターゲティング、マニュアルターゲティングを活用しているか
・キーワードのマッチタイプを活用しているか
・商品に関連性のあるキーワードを設定しているか

などの状態が必要になります。

実際広告を活用しているお客様の中には「広告はオートターゲティングだけで運用している」という方が多くいらっしゃいます。

マニュアルターゲティングも一緒に運用することで、より多くのキーワードでアクセスを集められるだけでなく、狙ったキーワードで訴求することができるため効率的に流入を増やすことができます。

さらに、キーワードのマッチタイプ(完全一致/フレーズ一致/部分一致)を、しっかり設定することで無駄なアクセスを防ぎ、より効果的なキーワードでユーザーにアプローチすることが可能となります。

広告の最適化と商品ページの最適化の関係

このような状態を作る一つの手段として、商品ページを最適化させて、広告の効果を上げることがあります。

「そもそも広告の最適化と、商品ページの最適化は関係があるのか?」

という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、商品ページが最適化されていると広告でもより多くのキーワードで表示されるため、この二つの関係は非常に重要なのです。

上記2点を行うことで、広告のインプレッションも増え転換率も上がり、広告の最適化に繋がりますので、まだ対応されていない方は是非お試しください。