競合店を調査するときのポイント

競合店を調査するときのポイント

EC運営において、競合調査は重要

今回は、マーケティングの基本でもあり、ECサイトを運営する上でも重要な「競合調査」の方法についてお話しさせていただきます。

これまでのメルマガで、競合調査が重要なことは何度もお話してきましたが、競合店舗を調べるためには、どんな調査をすればよいのでしょうか?

大事なのは、サイトのデザインや商品価格といった表面的な情報だけではなく、顧客対応の方法やファンを増やす施策など、目に見えないことまで調べる必要がある、ということです。

競合調査の基本となる3つの方法

(1)レビュー調査

まず競合店のレビューを分析し、「利用した人が何に対して喜んだり、満足したりしているのか」を読み解きます。

そのサイトが選ばれた理由は「価格」「配送スピード」「カスタマーサポート」それ以外なのか。

こういう視点からレビューを分析すると、競合の弱みや強みや特徴が見えてきます。

また、レビューからは「どんな人が購入しているのか」「どんな目的で買われているのか(自己消費かプレゼント用途か)」などもわかります。

競合のレビューを分析したら、自社のレビューも分析し、自社に足りないものを見つけましょう。

 

(2)購入調査

競合の商品を「実際に買ってみる」ことも有効です。

買うまでのカートの使いやすさなどは、購入者の立場になって初めて見えてくることも多いです。

購入後の調査項目には「パッケージ」「同梱物」「カスタマーサポート」「到着後のメルマガ」などがあります。

例えば、手書きのお礼状を同梱していたり、出荷報告メールや到着確認メール、サンクスメールなどをこまめに送信している場合は、顧客満足度が高いことが予想されます。

 

(3)サイト全体の調査

「商品のカテゴリー」「価格」や「内容量」「品質」「機能」「ラインナップ数」といった『商品軸』での調査と、

「配送スピード」「送料」「ポイント倍率」「クーポン」「保証」などの『サービス軸』の調査が大切です。

調査項目はリスト化し、社内で共有

調査項目はリスト化し、社内で共有してください。

取り入れるところと差別化する部分を明確にし、店舗運営に活かしていきましょう。

競合調査の方法をもっと詳しく知りたい

EC運営における必要な視点から、あなたの店舗に必要なことを知りたい方は、ぜひ私たちのサービス「ECマーケッター」をご覧ください。

私たちは、Eコマース支援専業として国内最多クラスの9000社超の支援実績を持ち、売上アップの方法やノウハウを蓄積してきました。

会員制通信講座「ECマーケッター」にご登録いただくと、楽天やAmazonで売上を伸ばすノウハウについて弊社コンサルタントが解説する動画を、好きなだけご覧いただけます。

また、EC業界の最新情報を掲載した月刊誌を毎月お届けするほか、弊社が主催する勉強会にも無料でご参加いただけます。

あなたの店舗の売上を伸ばすために、ぜひこの「ECマーケッター」をご活用ください。

この「EC攻略のノウハウ」に、少しでも多くの方にふれていただきたい思いからただいま、EC攻略のために必要なノウハウを、1カ月間無料でお試しいただけます。

また、既にいつも.のサービスをご契約いただいているお客様は、初回に限り6カ月間無料でお試しいただけます。(閲覧を開始した月より6カ月間無料でご視聴いただけます)

※お試し期間終了後は、有料になります。予めご了承ください。

『ECマーケッター』にご興味のある方はこちら↓

EC事業戦略・マネジメントカテゴリの最新記事